<<COLOR LIFE TOP

〜バックナンバーはこちらからご覧ください〜

http://blog.yes-ps-color.com/

<< 2013年 今年もよろしくお願いいたします♪ | main | お客様へクオリティ高いサービスを提供するために >>
色を仕事にしようと思ったその切っ掛けその
2013.01.09 Wednesday


カラー×コミュニケーションコンサルタントの
魚田純でございます!!

1月は毎年ゆっくりスタートしていくため
この機会にしっかり今年の準備や使うツールの見直しをしています。


そして昨年からコピーライターの方や広告デザイナーの方と出会いがあり
クレアプラスの魅せ方(見せ方)をしっかり考えているところです♪

同時にひたすら走ってきたこれまでを
12年目を迎えるこの節目に(12年をサイクルとして)クレアプラスの思いも整理しています。


さて話は変わりますが

最近不思議と

「なぜ色を仕事にしようと思ったのですか?」

と聞かれる事が多く


今日はそのお話しをしたいと思います。

私が初めて色の効果を意識し出したのはもう20年前になります。
長い歳月が経ちましたね〜

大学を卒業し、就いた仕事は営業職で人の出会いが好きな私は楽しく仕事をしていました。

そしてどんな仕事かというとOA機器販売の仕事で
私が就職した年は業界としても期待されるカラーコピー『A−Color』の発売年で
会社からみっちり教育を受けた期待の新人で会社からも大事にして頂き
恵まれた会社生活を送っていました。

今思えばこの時から色の楽しさを堪能ししっかり色の知識を身につけたのか?と思いきや
どちらかというと高性能な機械のスペックの話しや使い方ばかりでしたが〜

しかしこの時
コピーが白黒からカラーにわったり
パソコン、当時はオフコンの画面が白黒からカラーへ変化していく激動の時代で

価格訴求で勝負より高機能、高価値、そして売り手市場な業界であると言うのと
何事も一歩一歩懸命に働く新人という事が武器になり
営業成績も良かったのを覚えています


ですがそんな私もある時大きな壁にぶつかります。

そうです、全然売れなくなるのです

それは営業力が身につき成績も良く、上がり簡単に売れるという過信が
バブル崩壊の影響とともに数字に繋がらなくなってきたのでした。

キャリアも積み、コツコツ脚を運ぶ事を怠り
本来は最終手段の『値引き術』を簡単に使い営業していると

営業自体にも魅力が無くなり、仕事が楽しくなくなってきて

そんな私ですからお客様の反応も悪くなっていきました。

しかしある時、急に売れるようになったのです。(少しづつですが・・)

????何が起こったのでしょか?

何も変わっていないはずなのに

と当時の私は思っていたのです。

営業は制服があり制服が変わったわけでもないし
担当地域が変わったわけでもないし

画期的な新しい製品が出たわけでもない・・・

何だろうと思ってふと鏡を覗いたら

「口紅の色」が変わっていたのです

原因はこれしか無いとその時の私は考え

すぐにカラースクールのセミナーを受けに行ったのを覚えています。

そうすると

やはり!!

私がつけるようになった口紅色は「オレンジ」でこれは私に似合う色

そしてそれまでつけていた色は「青みのピンク」この時大流行のディオールのNo274だったのです。

似合う色にはその人の印象を最大限に良く見せる効果があり
似合わない色は私の顔色を更に悪くしていたのです。

自信を無くした私の表情を明るくしてくれたのが
この「似合う色」だったと言う訳です。

この時に

見える力=色の力でこんなにも違うのか!!!!

恐るべし色の力!

と感動したのを覚えています。

そして後でわかったのがもうひとつ

口紅にオレンジを選んだ私の心理も影響していると言う事

これは社交的な色で自らが楽しんでいるように見える色で
これを選ぶ私は「お客様とコミュニケーションを取りたいとか」
「もっと仕事を楽しみたい」という思いがあった訳でして

営業成績不振な私が悩み辿りついたのが

社交力を上げるオレンジで
それも自分を良く見せる色だったのです。

心理的な面でも色は効果を発揮していたのです!

この時にいつかは色を学ぼうと思ったのでした!!

これは私が色を仕事にしようと思った切っ掛けです!

この続きはまたアップしていきたいと思います。




2006年に取材されたBsテレビの画像です。
ヒューマンアカデミーの卒業生として
現場で活躍しているカラーコンサルタントとして取材を受けました。
良かったらご覧くださいね。
      ↓


BSSelfing  BS-I テレビ 

そう言えばミルボンさんにもご協力頂きました!
ありがとうございました。

| ■クレアプラスとして | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog3.yes-ps-color.com/trackback/979655
トラックバック