<<COLOR LIFE TOP

〜バックナンバーはこちらからご覧ください〜

http://blog.yes-ps-color.com/

AICI国際イメージコンサルタントE-dayに参加してきました
2018.10.23 Tuesday




週末の2日間は所属しているAICI国際イメージコンサルタント協会主催のセミナーへ
今年のテーマは コーポレートブランディング



スピーカーはイギリスでイメージビジネスの先駆者サラ・ブランミット氏です。 ここ数年、関わる企業の業績アップに繋げようと

(企業のブランド作り) カラー提案やコミュニケーション研修など行ってきた私にとっては「目から鱗」となる話ばかりで

これまでやってきたことも整理でき これからの活動においても 自信に繋がる大変有意義な時間となりました。

サラさんのビジネスに対しての心掛けや 受講者に対しての気配り、またパフォーマンス力の高さなどたくさんのことを学ばせていただき

これからもっともっと研鑽していて行こうと思います。

年に一度のエデュケーションデイでは お世話になっている先生や先輩 同じ業界の仲間との交流の時間も楽しみのひとつで

高め合える仲間の存在には感謝いっぱいです。




| ■感性を磨く | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
2015年GW、離宮公園へ行ってきました🎶
2015.05.05 Tuesday


 

先日早起きして須磨離宮公園までお花を撮りに行ってきました。
昼から友人と食事会の予定でしたが

この日しかゆっくりできる時は無いため開門と同時に訪れました。

美しい色彩を彩るお花を撮影している時は私にとって至福の時間です。


撮影している時、私がニタニタ楽しそうにしているからか、すれ違う方ともにっこりアイコンタクト^ ^
自然に触れと癒やされますね。

今の季節は色とりどりのバラが美しかったです。




こんなかわいいオブジェもあり



撮影しながら癒されていました!
ファインダーの中に広がる色彩を見ているとわくわくがとまりません。
色好きの私にはたまらない楽しい時間を過ごすことができました。



1時間半あまり楽しんだ後は夙川のフレンチへ
訪れたのはLe Benaton (ル・ベナトン)さん

おしゃべりに夢中で撮影するのを忘れてしまいましたが
お店の方の気配りもよく、美味しくていいお店でした。
しかもリーズナブルでサプライズもあり素敵なお店!また行ってみたいと思います。





ではみなさま引き続きGWをお楽しみくださいませ。
 

| ■感性を磨く | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
日本文化は奥が深い! 狩野派 永徳の後継者たち に行ってきました!!
2015.05.01 Friday
 

やっと行ってきました!



京都国立博物館で開催位されている「狩野派 永徳の後継者たち」
激動の戦国時代を生きて来た武将達の絵師、狩野派が手がけた金屏風には圧巻!

作品一枚一枚になんとも言えないエネルギーがあり
この屏風の前で多くの武将が集まり政治を考えていたのかと思うと胸が高鳴り、作品の前から離れられませんでした(笑)
 

桃山時代に栄えた狩野派、豊臣家滅亡後も存続し、時を経ながら画風も豪壮から美麗へ変わっていく、それが実におもしろい。

なんと言っても二条城の「松に孔雀図壁貼付・襖」筆の描写が優しくて美しかったです。
 

そして京都国立博物館の後はそのまま谷口吉生氏が設計した平成知新館へ


素材使いや色使い、構図も美しく見応えがあり

作品展も古代の土器から時代時代の陶器が展示されていたり、護法神もあり
アジアの職人の素晴らしさを堪能した一日でした。
 

まだまだ知らない日本の魅力、日本人としてもっと日本文化を色の視点も交え話せるように
これからも感性を磨いていきたいと思います。
 

西洋絵画にしか興味がなかったけれど日本絵画もおもしろい、そして奥が深い!
秋は琳派の企画展もあるし今から楽しみです。

まだ行っていない方はぜひ見に行ってくださいね〜
17日まで開催です。

| ■感性を磨く | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
チューリヒ美術館へ行ってきました!!
2015.03.01 Sunday




昨日チューリヒ美術館へ行って参りました!!

この絵画展には幅6メートルのモネの大作やシャガール、クレー、マティス、ピカソ、ミロ、ゴッホ、ダリなど数多くの作品が展示され見応えのある作品展でした。

第一次世界大戦により影響か荒々しく、暴力的な画風の絵画が多く見られました。

そんな中、感動したのが上の写真右下にあるゴッホの絵画です。
こちらは憧れの地中海を訪ね感動し描いた作品のようで白と青のコントラストが躍動感ある素敵な作品に仕上がっています。
綺麗な線を描きこれまで見て来た荒々しいタッチの画風とは異なっていたのが印象的でした。

ゴッホは同時期から“ひまわり”を描きますがこの時代から精神病院に通うようになり2年後には生涯を閉じてしまうのです。

色の表現は心の描写しています。

絵画鑑賞を通してその時代性へとタイムスリップさせてくれる。
そして人それぞれ、今の心と響き合いコミュニケーションが起き、何らかメッセージを感じ、今の自分にメッセージを伝えてくれるような・・・
これは絵画に限らずあらゆるデザインでも同じです。
色に関わるようになり、いつもそんな事を考えています。

色は奥が深くまだまだ学びたい事ばかりです。

次は4月から開催される京都国立博物館の狩野派展です。
今から楽しみでなりません。

芸術って素晴しいですね〜


 
| ■感性を磨く | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
フォトクリエィターとして
2014.12.26 Friday



この2、3年色の表現幅やスキルを高めるため学んで来た事があります。

それは

・フラワーデザイン
・テーブルコーディネート
・フォトスタイリングです。

ビジネススキルを高めて来た私にとってこれからお稽古のような学びでしたが
長く関わって来た色の考え方を解したい事もあり
様々な表現を身につけてきました。

カラフルなプリザーブドフラワーを使い作り上げるフラワーデザインでは
季節やイベントを表現するテーブルコーディネートは毎回楽しく
このままアーティストになろうかと思った程です(笑)

またテーブルコーディネートはT-LIFEさんの高い技術を学び「マスターテーブルクリエィター」という称号を頂きました。

日頃は実際に作る事よりプロデュースする側ですが自分で何かを作ることの楽しさを学ばせて頂き
少しの工夫で暮らしを豊かにする術を教えて頂きました。

そして今年頑張って学んで来たのがフォトスタイリング
フォトスタイリングとは窪田千紘先生が設立された暮らしやライフスタイルを撮影する専門スキルの協会で
こちらの講座に1年程通い、なんとこの度「フォトクリエィター」と言う称号を頂きました。

今回違う分野を学ぶ事で多くの学びがあり
表現力が広がったように思います。

ビジネスでも幅が広がりそうです。

この2、3年その間ずっとサポートして下さった吉田タマエ先生

ここまで頑張ってこれたのも先生の優しさがあってこそ
本当にありがとうございました!!

こちらが先生のブログです。

さぁこれから益々、色×コミュニケーションの表現が広がります!!






 
| ■感性を磨く | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
「秋を楽しむ」お茶会に参加してきました
2014.10.25 Saturday
今日は仕事でお世話になっているseikoさんが主催するNatural Senseの「秋を楽しむ」お茶会に参加してきました。



今回始めて訪れたseikoさんのお宅、上質なフレンチアンテーィークスタイルのインテリアがとても素敵で
そこに居るだけで幸せな気分になれます。

単焦点のレンズでしたので素敵なお部屋は上手に撮影できず残念。

今回のお茶会のテーマは「秋を楽しむ」

いろんな所に秋を感じさせる飾り付けがあり
seikoさんの世界観に癒されていました。

ほらこんな所にも・・・・・




あとこんな可愛いサンタさんも なんとseikoさんがデザインされたそうです♡


参加者の方も素敵な方ばかりで話もはずみ和気あいあいのお茶会でした。

そしてこんな素敵な唐紙を見せて頂きました。
海外の展示会のお仕事でお使いになるそうです!

唐紙と言えば老舗 唐長さん唐紙桂離宮、二条城、養源院などの襖で使われているらしく色もデザインも素敵!!

制作の体験コースもあるようでまた伺ってみようと思います。


seikoさんは今、カラーレッスンを受けてくれていてるので
お持ちの感性が更に高まり創作力がパワーアップするかと思うと非常に楽しみです!!

私もまた学びが深まりそうです。

我が家でも「秋を楽しむ」工夫をしていきたいと思います。

 
| ■感性を磨く | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
感性を磨く☆ 能・狂言の楽しさ!
2014.02.03 Monday
昨日は友人に誘われ、能と狂言を観劇してきました。

 
伝統文化である歌舞伎へは中村勘三郎さんが好きな事もありよく歌舞伎座へ足を運んでいましたが
能狂言は歌舞伎よりも敷居が高いイメージもあり殆ど見る機会が無く
 
今回友人のお嬢さんが通う大学の劇場で能・狂言の舞台があると誘いを受け
京都造形芸術大学に行ってきました。
 
下調べをせず伺ったらなんと人間国宝「野村万作」さんの舞台でしかも野村萬斎さんも
出演されていて驚きです!!

 
と言っても歌舞伎の狂言と違い能狂言の面白さをまだわかっていない私。
 
難しくわからないのでは?なんて思っていました。
 
ですがなんと始まるや否や能狂言の魅力に惹き付けられていきました。
 
何と言っても「かけ声」「間」「音(楽器、唄、足拍子」のバランス&ハーモニーがたまりません!!
 
音楽にあわせて舞台の上でドン!

と大きな音を鳴り響かせる、足踏み(足拍子)は全身に響き渡り
なんとも言えない心地よさがあります。
 
そう言えば歌舞伎でもこの足拍子はあり、今思うと私のツボがここに響いていたのかもしれません(笑)
 
またそれだけで無く日本の伝統芸能で見られる着物の色は本当に美しく
目から受けるカラフルな色の刺激に心が高揚しっぱなしでした。
 
そしてお一人おひとりの所作も美しく日本の高い美意識の素晴らしさを改めて感じていました。
 
能は織田信長や豊臣秀吉など有名な武将が好んだと言われ
 
言葉を多く語らず考えるより感じる時間を楽しんでいたのかな?と
帰りの車中で武将の思いを感じてみたり 楽しかったです(笑)
 
これらの伝統芸能は敷居が高く親しみにくいイメージがありますが
能のように「型を守る」伝統芸術から学ばされたような気がします。
 
能の難しさ、とっつきにくさは、わかりにくいけれど
歴史を重ね、無駄をとことんまでそぎ落とし洗練され、抽象的になった芸術には
難しさ以上の面白さを見つけることが出来るような気がします。
 
能や狂言、歌舞伎では歴史的物語があり、観劇する度に日本文化をもっと勉強したいと思いながらも
なかなか学ぶ機会を持っていませんが

 
せめてうちの留学生よりは日本の芸術文化を語ることができるようになりたいものです(笑)

日本の文化や芸能って本当に素晴らしい!!

 
以上素敵なお姉様と共に過ごした素敵な時間でした♡

 
追伸
ちなみに能は船弁慶、狂言は棒縛と言う演目を見てきました。
私がしびれる能の舞台がYou Tubeで紹介されたいので添付しておきます。
ぜひご覧下さいね。

野村萬斎さんの
狂言「越後婿~祝言の式」 
| ■感性を磨く | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
感性を磨く 貴婦人と一角獣展に行ってきました!
2013.10.15 Tuesday
クレアプラス 魚田純です!

昨日は日頃お世話になっている
中央工学校の戸澤先生と
絵画鑑賞に行ってきました。

今回行ってきたのは


貴婦人と一角獣 @国立国際美術館



 
 
1500年頃に制作された6枚連作のタペストリーです。
それぞれ『触覚』『味覚』『嗅覚』『聴覚』などのテーマがあり
動物や植物などが登場しまるで絵本のようでした。


 
4メートル位ある壁一面の大きなタペストリーは迫力満点
 
この作品はフランス国外に貸し出されるのは1974年のアメリカ以来だとか
もちろん日本展覧会が初公開らしいです。
 


タペストリー以外には関連する彫刻、装身具、ステンドグラスなど約40点が展示され
描かれているモチーフからそれぞれがどんな意味があるのかを解説してくれていて
なかなか興味深い。


 
タペストリーは6枚あり
五感(味覚、聴覚、視覚、嗅覚、触覚)
最後の一枚には
『我が唯一の望み』というテーマがあり

これが何を表すのか?

これは謎のようで、いろんな説が言われているのだとか・・・・


 

500年前に作られたタペストリーが
現代でも世界の人々を魅了している。
そしてその意味をそれぞれが感じ、影響を受ける。



 
改めて歴史の面白さを感じたひと時でした。
もっと歴史を勉強したくなりました(笑)


 
なんとも謎めく今回の美術館鑑賞は面白かったです
 
ガンダムユニコーンと関係があるようでガンダムフアンも楽しめる企画展なのでは?
 
10月20日まで 国立国際美術館 


何事も本物に触れる事で感性が磨かれますよ☆

ぜひ行ってみて下さいね〜
| ■感性を磨く | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
時代を写す芸術に触れと感性が磨かれる♡
2013.08.14 Wednesday
 
時代を写す芸術に触れと感性が磨かれる♡



最近年齢を重ねたせいか?
絵画や芸術作品に触れる時間が心地良い☆

昔から絵画を見ては“なんでここにこの色使いなんだろうか?”とか
この画家はどんな人?どんな価値観があるのだとうか?
など考え楽しむ方なのですが

最近は実際の歴史と照らし合わせる楽しさがあり

そうすると色使いに意味を感じるようになってきましたよ☆
学びって本当に面白い!

さて、この度
ずっと気になっていた
マリーアントワネット物語展とクラークコレクションのルノワール展へ行ってきました。

ご一緒頂いたのは笑顔が素敵なお料理教室の先生の裕紀さんです♪

三宮の美味しい和食のお店でランチを頂きその後兵庫県立美術館へ

まずはマリーアントワネット展
政治のために自分の意志も関係なく14歳の若さでブルボン王朝へ嫁ぐマリーアントワネット、自由奔放で豪遊を好みフランス革命で処刑されてしまった印象が強いマリーアントワネットですが感性が豊かでファッションリーダとしても注目をされていたとか

この展示会では子供でも理解出るようにマリーアントワネットの生き方、美へのこだわりなど随所に感じる事ができます。またドレスの展示やあの有名な船の形のウィッグもあり試着させて頂きました(写真)またベル薔薇が読みたくなりそう!

次に見たのはクラークコレクションです。
ルノアール展は何度か見に行きましたが今まで見た事が無い
印象派の絵画が沢山ありかなり見応えがありました。

コレクション作品って集める方の拘りを感じる時が多く
見ていて見応えがあります。

何と言っても安藤忠雄さんの設計した美術館で見れたのは感激
光の入り方がなんとも心地よく絵画が浮かび上がって見え
印象派の絵画を見るには最高の空間だったなぁ。

9月1日まであるのでもう一度見に行きたいと思います☆

素敵な女性と感性高まる素敵な時間をご一緒できて幸せ!

さぁ今から仕事に戻ります。

明日からお盆休み!今日も仕事頑張りま〜す♪
| ■感性を磨く | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリエィティブ力が刺激されてます
2012.07.18 Wednesday
 
みなさんこんにちは
カラー&コミュニケーションコンサルタントの魚田純です!!




梅雨が明けましたね♪

みなさまいかがお過ごしでしたか?

7月1日で一年の折り返しとなり今年の目標を考えながらも
新しい出会いや新しい仕事が広がり毎日充実している魚田です。


ブログの更新がご無沙汰になってしまいました〜(笑)


今年はサロンでも色の力を身につけてもらう為
カラーコミュニケーションをテーマに講習させてもらうことが多く

また嬉しい事にオーダメイドのサロン講習が増えてきています。

サロンもいろんな可能性を広げていこうとしているのでしょう♪
これから美容室を通しても色の力広げていきますのでみなさま楽しみにしていて下さいね。



仕事の話しは今日はここまでにして

次は私のお稽古の話し☆

日頃は人を輝かせるコーディネートスキルの研修をしたり
製品を良く見せる色提案を仕事にしていますが

昨年から人を輝かせるためのカウンセリングを行ったりと
自らが技術者になる事が増え(増やし?)

今年は更に色を使った作品を作るため

と言うかクリエィティブ力を磨くために

月に1度プリザーブドフラワーを使った作品作りに挑戦しています。

お花は営業職時代顧客の奥様が未生流の教室をされていて
仕事でお世話になった事もあり2年位?通っていた事もあり

お花を習いたいとは思いながらも
生花を習う気にはならず

ずっと気になっていました。

ところが
個人カウンセリング時お客様を撮影する力をもっと身につけたいと思い

写真教室を探していた時
フォトスタイリングという講座を知り

体験教室を探したところ
近隣に素敵な教室がある事を知り

すぐ申し込みをし、そしてブログを見て先生の作品を見ていくうちに
先生の感性に刺激を受け

プリザーブドフラワーを習いたい!!と思ったのです(笑)

吉田先生の作品は色がキレイなんですよ☆

教室にあるアトリエもとっても素敵でそこにいると胸の中にあるクリエィティブ感覚が
キュンキュンと高鳴るんです(笑)

この感覚久しぶり・・・と言う感じです。

ぜひ先生のブログを見てみてくださいね☆
Fleur Chantant+Deco 


まだ3回目ですが

毎回キレイな色の世界に魅了されて
益々クリエィティブ感覚が研ぎ澄まされてきている感じがします!


1回目の作品




2回目の作品




そして3回目の今日の作品




我が家もこれらの作品のお陰で益々アトリエ化してきていますよ☆

作品を作りながら色を使うデザインの力も養われて
学びが一杯です。


今はお稽古のつもりですが

いつか
色をテーマにした個展ができるような作家になりたい!

作品を通してメッセージを伝えていけるように☆

なんて目標を持っています♪

その時はみんな見に来て下さいね。


では明日もHAPPY COLOR LIFEをお楽しみください。


FACEBOOK はほぼ毎日アップしていますよ
ぜひ遊びに来て下さいね〜 魚田純のFACEBOOKは
こちらです!



| ■感性を磨く | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) |